花言葉、花・植物に関する情報を紹介します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | 2010.08.05 Thursday | | - | - |
オレンジ
言葉 

純潔」「あなたは純潔です」「清純」「美しさ」「愛らしさ」「花嫁の心」「花嫁の喜び」
「華美」「豊富」「寛大」「気前のよさ」「物惜しみしない」「簡素


樹・・・「寛容」

オレンジ

オレンジの情報

科名・分類:ミカン科 常緑小高木
原産:インドのアッサム地方
花期:4〜5月
誕生花:4月24日、9月7日、9月24日

特徴

結婚式の日に、花嫁がオレンジの花を頭髪に飾るという風習は、サラセン人が
オレンジを持ち込んだときに伝わり、それがフランスやその他の国々に広がった
といわれる。
サラセン人は、オレンジの木が花と果実を一緒につけるので、繁栄と多産の
シンボルとしていた。
| 87kotoba | | 2009.11.03 Tuesday | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリーブ
言葉 

平和」「勝利」「知恵」「歓迎」「安らぎ

アザミ
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)「植物園へようこそ!

オリーブの情報

科名・分類:モクセイ科 常緑小高木
原産:地中海沿岸
花期:5〜6月
誕生花:5月22日、5月26日、5月30日、12月23日、12月31日

特徴

ノアの方舟で、水が引いたことを知らせに来たハトが加えていたのが、平和の象徴である
オリーブの枝だった。
| 87kotoba | | 2009.11.03 Tuesday | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
オミナエシ(女郎花)
言葉 

永久」「親切」「優しさ」「美しさ」「伸びやかな美しさ」
「美人」「佳人」「心づくし」「女らしさ」「はかない恋


オミナエシ(女郎花)

オミナエシの情報

科名・分類:オミナエシ科 多年草
原産地:日本・中国
花期:8〜10月
誕生花:7月23日、9月5日、9月11日

特徴

秋の七草の一つ。
| 87kotoba | | 2009.11.03 Tuesday | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
オトギリソウ(弟切草)
言葉 

秘密」「迷信」「盲信」「信心」「恨み」「敵意

オトギリソウ(弟切草)
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)「植物園へようこそ!

オトギリソウの情報

科名・分類:オトギリソウ科 多年草
花期:7〜8月
誕生花:6月24日、11月19日

特徴

イギリスの伝説によると、イングランド南岸の沖に浮かぶワイト島に行ったら、決して
オトギリソウを踏みつけてはならない。誤って踏んでしまうと、足元のオトギリソウから
黒くて猛々しい妖精の馬一頭が立ち上がり、踏んだ人間は立ち退く隙もなく、
その馬の背にまたがり、馬は、たてがみにしがみついた人間を乗せたまま、疾風の
ように走り回る。
野を越え、丘を越え、谷を跳び越し、息をつかせず夜通し走り続けて、曙光が差し始める
ころ、光とともにふっと大地に消えてしまう。
それまで馬の背に乗っていた人間は、とんでもない場所に置き去りにされてしまうという。
| 87kotoba | | 2009.11.03 Tuesday | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
オダマキ(苧環)
言葉 

勝利の女神」「勝利」「勝利の誓い」「負け知らず」
「行いを正しく」「不品行」「愚か」「愚鈍」「のろま」「愚か者」
「移り気」「別れた恋人」「心配」「必ず手に入れる


赤・・・「素直」「心配して震える」
紫・・・「所信を翻した」「断固として戦う」「捨てられた恋人」
白・・・「愚劣」「たわけ」

オダマキ(苧環)

オダマキの情報

科名・分類:キンポウゲ科 多年草
原産:イギリス・北ヨーロッパ・シベリア
花期:4〜6月
誕生花:5月14日、5月18日

特徴

アメリカのコロラド州の州花。
西洋の喜劇に出てくる道化師の女房役が持っている盃に似ている
ところから、愚鈍という意味がつけられている。
| 87kotoba | | 2009.11.03 Tuesday | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
オジギソウ(お辞儀草)
言葉 

感じやすい心」「繊細な感じ」「デリケートな感受性」「敏感
「謙虚」「失望」「三枝の礼」

オジギソウ(お辞儀草)
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)「植物園へようこそ!

オジギソウの情報

科名・分類:マメ科 小低木 多年草
原産:ブラジル
花期:7〜9月
誕生花:1月26日、1月31日、4月15日、5月4日

特徴

ギリシア神話によると、ケフィサという乙女は、パンがあまりにも激しい情熱を
傾けて迫ってきたため、こわくなってパンから逃げた。
後を追ってきたパンが追いつき、今にも腕の中に抱き締めようとしたまさに
そのとき、助けを求める願いが他の神々に聞き届けられ、ケフィサはオジギソウに
変えられた。
| 87kotoba | | 2009.11.02 Monday | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
オオバコ(大葉子)
言葉 

白人の足跡

オオバコ(大葉子)

オオバコの情報

科名・分類:オオバコ科 多年草
花期:7〜8月

特徴

ドイツの伝説によると、若い騎士とヒルデブラントは、若妻の
アーメントゥルーデとともにヴェンロースの城に住んでいたが、
敵が攻めてくるとの知らせを受けたので、騎士である夫は、
部下を率いて王のもとに馳せ参じることになった。
妻との別れのとき、騎士は胸の中で泣き崩れる妻にいった。
「愛する妻よ、名誉を得て帰る私を、お前は城門の前にある
オークの木の下に立って迎えてくれるだろう。われわれに
神のご加護があるように」といって、さっそうと戦いに赴いた。
若妻は、毎日オークの木の下で夫を待った。
季節が巡り、人々は城主と部下たちの死を悲しんでいたが、
妻はなおも待ち続け、ついに天国の門まで夫を迎えに行って
しまった。
のち、オークの木の下には、見たこともない草が生え出し、
人々は、いつも道の脇に生えるこの草を「道の見張り」と
呼ぶようになった。オオバコは、いつも踏まれる場所に生える。
| 87kotoba | | 2009.11.02 Monday | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーニソガラム
言葉 

純粋」「動揺

オーニソガラム

オーニソガラムの情報

科名・分類:ユリ科 多年草
原産:ヨーロッパ・アフリカ・西アジア
花期:3〜6月
誕生花:11月11日

特徴

キリストが生まれ、天に賛美する歌声が満ち溢れていた。
キリストの降誕を予告して、東方の三博士をこの地まで導いてきた
明星は、ベツレヘムの馬小屋の上でその務めを終え、ひときわ
強い輝きを放って砕け散った。
その破片は流星のように長く尾を引いて、寒々とした野山に
飛び散って行った。
その一つが、純白の星型の小さなオーニソガラムの花となって、
いっせいに咲き出していた。
| 87kotoba | | 2009.11.02 Monday | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)
言葉 

忠実

オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

オオイヌノフグリの情報

科名・分類:ゴマノハグサ科 二年草
原産:ヨーロッパ
花期:2〜5月

特徴

イエス・キリストが、十字架を背負ってゴルゴタへ向かっているとき、
その重みに耐え切れず、道にくずれるようにしてたおれた。
それを見た一人の老婦人がイエスに駆け寄り、茨の冠の下から
流れ落ちる血と汗を拭いてやろうと、真っ白いリンネのハンカチを
彼の顔に当てたとき、無慈悲な兵士が、イエスから老夫婦の手を
遠ざけ、刑場へと引き立てて行った。
このハンカチには、イエスの気高い顔が現れ、これを見ると
病気が治るなど、数々の奇跡が起こり、老婦人は聖女ベロニカと
呼ばれるようになった。
足元に咲いていた小さな青い花オオイヌフグリにも、血の一滴が
落ちたので、この花には、今もイエスの面影がしるされているという。
| 87kotoba | | 2009.11.02 Monday | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオシマザクラ(大島桜)
言葉 

「優れた美人」「精神美

オオシマザクラ(大島桜)
写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)「植物園へようこそ!

オオシマザクラの情報

科名・分類:バラ科
高さ:10〜15m
花期:3〜4月

特徴

花はよいにおいです。葉と花は同時に出ます。
塩漬けにした葉を桜餅に使います。
| 87kotoba | | 2009.03.19 Thursday | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS